「ぼくとディジャブ」の歌詞 塩野雅子

1994/6/22 リリース
作詞
東平だるま,兵頭ゆき
作曲
東平だるま
文字サイズ
よみがな
hidden
あるはる 窓辺まどべ
れにはぐれた小鳥ことり
かぜかれ おびえて
ぼくをじっとつめた

いためたはね かばって
なにかったがした
ぼくの部屋へやにおはい
もう心配しんぱいはないさ

かぜはまだつめたく
きみはやすんだほうがいい
南風みなみかぜはすぐに
きみにわらいかける

そのちいさなともだちに
ぼくは名前なまえをつけた
名前なまえは「ディジャブ」いいひびきさ
見覚みおぼえがあるって意味いみ

まぶしいひかりなか
はるがおとずれ なつがゆく
わらごえなか
ぼくとディジャブ

やがてほほ秋風あきかぜ
もう冬支度ふゆじたくまち
枯葉色かれはいろ大空おおぞら
みなみとりたち

「ねえディジャブ いくんだろ?
ぼくなら大丈夫だいじょうぶ
いつかディジャブ えるさ
さあ はばたいておゆき」

めぐる季節きせつなか
出会であわかれ メリーゴーラウンド
すこ大人おとなになり
またあるはじめよう

まぶしいひかりなか
はるがおとずれ なつがゆく
わらごえなか
ぼくとディジャブ