「いのちの音」の歌詞 夏川りみ

2008/7/23 リリース
作詞
村野直球
作曲
熊谷幸子
文字サイズ
よみがな
hidden
はなくだけ かぜれて
あいされたいと おもいもせず
あめしずくはきっと つめたかろう
かさをさしてあげようか

ながれぬほしよるすみ
なにねがって ひかってるの
ひとりぼっちはきっと さびしかろう
うたをうたってあげようか

だれにもえぬことが あるけれども
それでも微笑ほほえんで きていきましょ

いのちはとてもやわらかいから
粗末そまつにしてはいけません
いのちはそれでもね つよいから
かがやもおおいはず

だれにもえぬきずが あるけれども
それでもゆめきていきましょ

はなあざやか かぜなか
あいされたいと おもいもせず
いつもかんじていて そのむね
ほら、いのちのおとがする

さびしいときは そら見上みあげて
ぎる季節ときより 明日あしたへと
はなこころなか をつける
ほしはいつかながれてく