1. 未来歌詞

「未来」の歌詞 夏川りみ

2006/8/23 リリース
作詞
村野直球
作曲
平田祥一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
見上みあげたら 迷子まいご浮雲うきぐも
ひとりぼっち ひざかかえたかたちみたい
太陽たいようだまって見守みまも
心配しんぱいそうに ただ行方ゆくえらしていた

心細こころぼそいときには だれかにはなそう
なみだせることは ずかしいことじゃないよ

いつだって いつだって ゆめまれてゆく
雨上あめあがりに いたあとに 青空あおぞらひかるように
まよいながら わらいながら きのう、きょう、あしたへと
一歩いっぽずつあるこう はる未来みらいへ…

ゆうべた その夢聞ゆめきかせて
たのしくても かなしくても ぜんぶぜんぶ
よろこびはみんなでわけあおう
戸惑とまどいなら ぼくがぬぐおう ひとつひとつ

大切たいせつなものだって よごれてしまう
だからまもつよさを いつかそのつけて

春若葉はるわかば 夏花火なつはなび おもをつくろう
あきのもみじ ふゆ星座せいざ いつまでも いろづくよ
けんかをして わかりあって ともだちとわらいあって
ひとつひとつ全部ぜんぶ 宝物たからものだね

いつだって いつだって ゆめまれてゆく
雨上あめあがりに いたあとに 青空あおぞらひかるように
まよいながら わらいながら きのう、きょう、あしたへと
一歩いっぽずつあるこう はる未来みらいへ…

一歩いっぽずつあるこう はる未来みらいへ…