「いつかお姫様が」の歌詞 夢みるアドレセンス

2013/11/26 リリース
作詞
児玉雨子
作曲
依田伸隆(10GAUGE)
文字サイズ
よみがな
hidden
かがみまえとなえれば
あこがれのわたしへと
ちょっとだけ、なりきれるのよ
左右さゆう反転はんてんだけど

かがみまえちあがり
パニエにレースにつける
演技えんぎうそは、ちがうでしょう?
ステージならわらえるの

メイクアップしていたいのは
まやかしじゃないとしんじたい
いつかけてしまうとわかってる
かりそめの自信じしんだから
ほんとはね
わからないことばかり
ゆめをいくつみてきても
こたえはみつからないの
何千なんぜんしょくのルージュも
本音ほんねまでいろどってくれない
なんてね、うそよ、うそなの

かがみまえのまじないは
ひとりひとりちがうもの
あののレメディ真似まねしたって
似合にあわないものでしょう?

メイクアップしているのは
簡単かんたんいちゃわないように
いつかけてしまうとわかってる
ひとときの自信じしんだとして
ほんとはね
りないものばかり
ゆめめそやされても
あさ跡形あとかたもないの
何千なんぜんまい写真しゃしん
わたしをうつしてくれなかった
なんてね、うそよ、しんじて

「ひとりながなみだまで、ありのままのわたし」
じゃなくて!

ほんとはね
しいものばかり
ゆめをみてるお姫様ひめさま
かがみにほほえむわたし
カーテンがりなす
よるひかりのその隙間すきま
今日きょうさがすの、わたしを