「もう最後になると…」の歌詞 大国男児

2011/4/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
もう最後さいごになると っていたなら
きみきしめてた
あいしてる」って言葉ことば 100万回ひゃくまんかい
きみきみつたえたかったのに

きみ出会であい そばにいてほしいと
そんなぼくねがいをめて
何処どことき いつもとなり
「うん」と 笑顔えがおかえした

よろこんだとき んだとき あたりまえのしあわ
月日追つきひおうごとに うしなってた
ぼくなにしてたんだろう?

もう最後さいごになると っていたなら
このはなさずに
「さよなら」のかわりに もう一度いちど
つよつよいてキスをしたい

まぶたじて あのがよみがえる
はじめてつないだかえみち
ある速度そくど歩幅合ほはばあわせて
きみ二人歩ふたりあるいた

突然君とつぜんきみから わかれの言葉ことば ワケがわからないまま・・
つなぎとめるもの なんだったの?
きみもどってこない

もう二度にどえない きみ笑顔えがお
どんなにねがっても・・
「ごめんね」の言葉ことばとどかない
明日あした 明日あした 明日あしたさえも こない

ねむきみよこねむぼくはいない
じっとなみだこらえ おもつづける
ねむぼくよこに もしもきみいにきたら
どんなに まだきみあいしているか もっとつたえたい

もう最後さいごになると っていたなら
きみきしめて
あいしてる」の言葉ことば 100万回ひゃくまんかい
ずっと ずっと ときめたまま

もう最後さいごになると っていたなら
きみにぎって
「おやすみ」の言葉ことば何度なんどでも
きみきみつたえたかったのに

いつかまた あまいキスを
わすれないよ つたえたかった