「夏の記憶」の歌詞 大国男児

2011/6/15 リリース
作詞
岩田秀聡
作曲
不明
文字サイズ
よみがな
hidden
夕焼ゆうやけがうみえてく じるたびになつにお
えないきみ笑顔えがおむねたたつづけてる
どうしてうそをついて そのはなしてしまったのか
最後さいごやさしさだって いまかせている

かぜれるかみ そんな横顔よこがおきだった
いつまでもつづ二人ふたり そううたがいもせずしんじてた日々ひび

さよなら 大好だいすきなきみよ もうもどれない なみだわってく
わすれない 大好だいすきなきみを そうつたえたい ありがとうの言葉ことば
きみ記憶きおくにはぼくはいるかな またなつ二人ふたりうつしてる…

いまでもわらないまま けのきみなつにお
そろそろえてもいいね あるさなきゃダメだな
どうすればまたえるだろう こんなことばかりかんがえてる
後悔こうかい、でもそうじゃない いたくて ただいたくて

いまどこでなにしてる? だれむねねむりにつくの
ほほのこ吐息といきはまだ あざやかにきみおもさせる

さよなら 大好だいすきなきみよ もうもどれない 時間じかんいとしい
わすれない 大好だいすきなきみを そうつたえたい きみ全部ぜんぶだった
ぼく記憶きおくにはきみだけなんだよ またなつ二人ふたりうつしてる…

わりはじめた 街並まちなみのように
ぼくきみおもえて
かえらない でもいていこう きみごした大切たいせつ時間じかん

さよなら 大好だいすきなきみよ もうもどれない なみだわってく
わすれない 大好だいすきなきみを そうつたえたい ありがとうの言葉ことば
きみ記憶きおくにはぼくはいるかな またなつ二人ふたりうつしてる…