1. 季節の中に埋もれて歌詞

「季節の中に埋もれて」の歌詞 大塚博堂

1977/8/25 リリース
作詞
藤公之介
作曲
大塚博堂
文字サイズ
よみがな
hidden
みみしあてた
電話でんわこうで
どこかさびしげに うるんだ
きみのこえがする
ぼくだとづいて
きみはこえ
他人行儀たにんぎょうぎなあいさつで
だまってしまう
きみとわかれて ぼくは
自由じゆうになれたと
おもいちがいを してたよ
きみなしでは なにひとつ
出来できはしないくせに
なにってくれ
こみげてしまう
きみは あれからしあわせか
いては いないか…

季節きせつがいくつも
この部屋へやなか
どくそうに のぞき
とおぎてゆく
もどっておいでと
この電話口でんわぐち
ささやきかけたら きみは
迷惑めいわくだろうか
きみとわかれて ぼくは
わかさにまかせて
がむしゃらにはしったよ
きみのいないさびしさを
ずめられないままに
なにってくれ
こみげてしまう
きみは あれからしあわせか
いては いないか…