「プラネタリウム」の歌詞 大塚愛

2005/9/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
夕月夜ゆうづくよ かおだす えてく 子供こどもこえ
とおとおく このそらのどこかに きみはいるんだろう
なつわりに2人ふたりした この公園こうえんつけた
あの星座せいざ なにだか おぼえてる?

えなくても 記憶きおくをたどって おなしあわせをたいんだ
あのかおりとともに 花火はなびがぱっとひら

きたいよ きみのところへ いますぐ かけだして きたいよ
まっくらなにえない こわくても大丈夫だいじょうぶ
かぞえきれない星空ほしぞらいまもずっと ここにあるんだよ
かないよ むかし きみた きれいなそらだったから

あのみちまで ひびくつみみのこ
おおきな 自分じぶんかげつめて おもうのでしょう
ちっとも わらないはずなのに せつない気持きもちふくらんでく
どんなに おもったって きみは もういない

きたいよ きみのそばに ちいさくてもちいさくても
1番いちばんきみきだよ つよくいられる
ねがいを ながぼしに そっと となえてみたけれど
かないよ とどくだろう きれいなそら

えなくても 記憶きおくをたどって おなしあわせをたいんだ
あのかおりとともに 花火はなびがぱっとひら

きたいよ きみのところへ ちいさなをにぎりしめて
きたいよ それはそれは きれいなそらだった
ねがいを ながぼしに そっと となえてみたけれど
きたいよ とどかないおもいを このそらに...。