1. 夏のしずく歌詞

「夏のしずく」の歌詞 大山百合香

2007/7/24 リリース
作詞
山本成美
作曲
朝本浩文
文字サイズ
よみがな
hidden
入道雲にゅうどうぐもしろかんで
ぼくらをしてく
きみ不意ふいだまってそらてた

なんだかちょっと不安ふあんになって
きみ視線しせんさが
あのとききみはもう
めていたんだね

ずっとそばにいられるとおもっていた
季節ときわっても
だけどどんなにはなれていても
気持きもちはきっとつながっているよ

まわりのこえまわされて
ひと見失みうしなってく
たったひとつしかない自分じぶん羽根はね

だれかがきみつめたくしても
こころざさないで
きみおもひとがそうここにいるよ

ずっときみきみらしくなれる場所ばしょ
いつもわらっていて
もしもきみくるしいときには
いにくよ
この時空そらえて

こぼれおちたとおとおなつのしずく
かぜがそっと未来みらいはこんで

ずっとそばにいられるとおもっていた
季節ときわっても
だけどどんなにはなれていても
ぼくらはきっとひとりじゃない

ずっときみきみらしくなれる場所ばしょ
いつもわらっていて
もしもきみくるしいときには
いにくよ
この時空そらえて