「砂の城」の歌詞 大江千里

1992/12/2 リリース
作詞
大江千里
作曲
大江千里
文字サイズ
よみがな
hidden
偶然ぐうぜんきみをつけたのさ いてる背中初せなかはじめてたよ
なに出来できずにぼくはいたよ スレちがいばかりかえしてた

こえきたいよ あいつばさひろげて
こころ時間じかんえてゆくよ

世界中せかいじゅう時計とけいを とめてしまおう
どんなにはなれていても きになってく
きみのすべてに ぼくきてる

ればるほど わからなくなる そばにいるのにとおかんじる
いますぐきみにキスしたいのに きずつくことをおそれていた

他人たにんじゃないのさ ずっとむかしにどこかで
そのにひかれたがするのさ

世界中せかいじゅう時計とけいを とめてしまおう
あいする ちからぼくつよくするのさ
こんなせつなさ づかずにいた

たとえいつか二人ふたり別々べつべつになっても
どちらかがさきに このをさっても
あいおぼえているよ

世界中せかいじゅう時計とけいを とめてしまおう
どんなにはなれていても きになってく
きみのすべてに ぼくきてる

世界中せかいじゅう時計とけいを とめてしまおう
あいする ちからぼくつよくするのさ
こんなせつなさ づかずにいた