「竹林を抜けて」の歌詞 大江千里

1990/9/21 リリース
作詞
大江千里
作曲
大江千里
文字サイズ
よみがな
hidden
ひっきりなしケンカをしたよる
kissをすればささやくbamboo
水銀灯すいぎんとうきりかぶよる
シートにつととどくbamboo

ドアをりあの日飛ひとした
背中せなか上着うわぎげつけた
すべてがぼやけてく だから

葡萄色ぶどういろ髪染かみそめて
朝霧あさぎりかたとかして
きみがねがってるよとしんじてたのに
わらいだすよとしんじてたのに
フラレてしまったよ

ボンネットに三日月みかづきせて
ばすとかぜのこるbamboo
あっけらかんとミラーしにぶと
つちをはらう仕草しごととbamboo

あのすべてはかえらない
それなのにどこからくになる
しばらくあるきたい やがて

黄金色こがねいろにしみて
まだらぐも そらにじんで
べつにどうでもよくなってしまった
いい加減かげんでもいいよながした
フラレてしまったよ

だれもがみんなねむっているよる
一人ひとりつづけるbamboo
わらないもの ひとつだってないさ
夢中むちゅうあそんでいるbamboo

朝焼あさやけのうみみぎ
そのさきをきみがけた
今更いまさらもどせない それは

葡萄色ぶどういろ髪染かみそめて
朝霧あさぎりかたとかして
きみがねがってるよとしんじてたのに
わらいだすよとしんじてたのに
フラレてしまったよ

黄金色こがねいろにしみて
まだらぐも そらにじんで
べつにどうでもよくなってしまった
いい加減かげんでもいいよながした
フラレてしまったよ