「Apollo」の歌詞 大江千里

1990/9/21 リリース
作詞
大江千里
作曲
大江千里
文字サイズ
よみがな
hidden
ニュースとリモコンをゆかでひじをつくきみと
乾燥機かんそうきとサイレンと つつじがにおう
徹夜続てつやつづきの翌朝よくあさ きみが裸足はだしした
二人ふたりはまだこんなこと かえしてる

1960's 1970's 街角まちかどあふれていくもの えていったもの
1980's 1990's だれよりも ちか場所ばしょできみをかんじていたい

あたりまえの未来みらいが あたりまえにかなうから
むくわれないねがづかなかった
出逢であったころのあのもどりたい

宇宙うちゅうっためないゆめてた
鉄棒てつぼう さかさになると そらおよげた

1960's 1970's しの ドーナツばんまるめたラブレター
1980's 1990's ワイシャツの ほそえりたけみじかくなる

とどくはずない未来みらい いつのまにかして
れていた未来みらい こんなにすぐして
きみがそばにいて ひとみてる
まだかべ こころ宿やどして

だれかが握手あくしゅをしてる なにかがわりはじめる
あたりまえの未来みらいを あたりまえにかなえたい
きみがそばにいて かがみてる
まだほし こころ宿やどして

とどくはずない未来みらい いつのまにかして
もうなにこっても とどかない
夢中むちゅうびたペダルをこいだ