1. そして僕は途方に暮れる歌詞

「そして僕は途方に暮れる」の歌詞 大沢誉志幸

1984/9/21 リリース
作詞
銀色夏生
作曲
大沢誉志幸
文字サイズ
よみがな
hidden
見慣みなれないふく
きみいま ていった
髪形かみがたととの
テーブルのうえもそのままに
ひとつのこらずきみ
かなしませないものを
きみ世界せかいのすべてに
すればいい
そしてぼく途方とほうれる
ふざけあったあのリムジン
とおくなる きみ
やさしくなれずに
はなれられずに おもいがのこ
もうすぐあめのハイウェイ
かがやいた季節きせつ
きみひとみなにをうつすのか
そしてぼく途方とほうれる
あのころ
きみ笑顔えがお
この部屋へやはみたされていく
まどくもらせたのは なぜ

きみえらんだことだから
きっと大丈夫だいじょうぶ
きみこころ
めたことだから
そしてぼく途方とほうれる
見慣みなれないふく
きみいま ていった
(tu lu tu tu tu …
tu lu lu tu tu …)