1. 微笑みだけがそこにいる歌詞

「微笑みだけがそこにいる」の歌詞 大沢誉志幸

1990/10/21 リリース
作詞
西脇唯
作曲
大沢誉志幸
文字サイズ
よみがな
hidden
無口むくちになったきみのとなりで
ぼく毎日まいにち そらていた
くちびるもうごかない横顔よこがお
ガラスのこう すれちがってるこころをさがしてた

だれのせいとか だれのためとか
ありふれたおもいへ いそぎたくない
えそうなキャンドルがれている
ふゆがくるね… 何度目なんどめだろう きみゆき

石畳いしだたみをのぼりつづける そんな幻想ゆめてた
あおきりかれたきみが いつまでもとお
um やさしくをのばし um かなしいをしてる

いつもきみきずつけていた 欲望よくぼうだけてた
あおきりかれたきみが いつまでもとお
um すべてをくしても um はるかなかぜなか

あいされるより あいすることを
まよわずにおもえば くるしみはおわるのに
わらない かえられない 微笑ほほえみを
いつかぼくおもいだすだろう おだやかなあさ

出会であったころおなひとみで ふりむいたきみ
ひかりなかきしめるだろう なにもかないで