1. DOLL歌詞

「DOLL」の歌詞 大沢誉志幸

1990/10/21 リリース
作詞
杉林恭雄
作曲
大沢誉志幸
文字サイズ
よみがな
hidden
つめたいガラスを
ながれるあめ
むこうでにじんだ
えかけたページのようなまち

いちばんきれいな
窓辺まどべきみ
かざってていた
なめらかなセルロイドの日々ひび

むねからかたへと いけないかたちに
のこしたつみのあと
なにかをつたえることなどできない
どんなにあいしても きみを… あいしても

広場ひろばきあう
だれかのキスを
うつろにながめる
れかけたフィルムのような午後ごご

いちばんきれいに
おどったころの
ふたりがれてる
してゆく オルゴールのなか

よるからよるへと かなしいかたちに
かさねたゆめのあと
なにかをつたえることなどできない
どんなにあいしても きみを… あいしても

むねからかたへと いけないかたちに
のこしたつみのあと
なにかをつたえることなどできない
どんなにあいしても きみを…

まどから過去かこへと 時計とけいとして
まった物語ものがたり
きずつきわかれることさえできない
どこまであいしても きみを… あいしても