「Freeze Frame (5分間だけのオリジナリティ)」の歌詞 大沢誉志幸

1990/10/21 リリース
作詞
竹内学
作曲
大沢誉志幸
文字サイズ
よみがな
hidden
およくホテルルーム あせのつたう上向うわむきのボディーライン
からみつく視線しせんは ほてりをあましたディザイア

出口でぐちのないよるのパレード あさむかえるセレモニー
おまえは花瓶かびんなかかわきをいやしてる

Freeze Frame げられない Freeze Frame がさない
Freeze Frame なにもかも Freeze Frame ゆるせない

まよんだイリュージョン ねむりからめる場所ばしょさが
つづけるあたまで パウダーのうみにまたおぼれる

かくれた孤独こどくが スーツケースからのぞ
わらない欲望よくぼう二人ふたりせる

Freeze Frame きずついてる Freeze Frame きずつけてる
Freeze Frame なにもかも Freeze Frame ゆるしてる
Freeze Frame つめてる Freeze Frame からだには
Freeze Frame いろあせた Freeze Frame なみおと

はいまわるバーバリズム いかけるものなどプライベートスタイル
おまえとの距離感きょりかんささえきれる気紛きまぐれがあればいい

だれのためにもかなしまない おどつづけるこのまち
幾千いくせんものうれいに かれてまか

Freeze Frame つかれきった Freeze Frame 街角まちかど
Freeze Frame せて Freeze Frame しゃがみこむ
Freeze Frame った Freeze Frame 暗闇くらやみ
Freeze Frame 何一なにひとつ Freeze Frame められない

Freeze Frame Freeze Frame