「フィヨルドの少女」の歌詞 大滝詠一

2015/3/1 リリース
作詞
松本隆
作曲
大瀧詠一
文字サイズ
よみがな
hidden
氷河ひょうががきらめいている
夜明よあけのいろをちりばめて

童話どうわのようなまち
たずねてたのにすれちが

三日みっかまえ
ゆき汽車きしゃえたのさ

うわさのいとれて
行方ゆくえっているひともない

あのともだちさえ
つくらないよとだれ

あの人嫌ひとぎらいに
させたあやまちはぼくにある

むかしのままの
くろいコートをてるのか

子供こどもゆきつぶてが
うすいガラスまどこわしたよ

三日みっかまえ
ゆき汽車きしゃえたのさ

みなみむかったのか
それとももっととおきたまち

吹雪ふぶききゅうんで
とおみさきまでれてゆく

こころにささったこおり
破片はへんけてゆく