「レイクサイド ストーリー」の歌詞 大滝詠一

2015/3/1 リリース
作詞
松本隆
作曲
大瀧詠一
文字サイズ
よみがな
hidden
だれてたのか
びたスケートぐつ
なみあらってるよ

ゆびれるほど
みずひやいのさ
ひとりボートのうえ

やがて真冬まふゆみずうみ
こおりかがみえるよ

しろくつで ウインター・レイク
ターンしながら
ぼくにうでった
ひかえがいたね
おおきなハートの

オールをめて
ぬれた手紙てがみ文字もじ
名前なまえわるんだね

などさないと
めたもあったね
あいつときみとぼく

むね小石こいしげたのはだれ
かなしみのうずひろがる

うでんで ウインター・レイク
すべ二人ふたり
さくにもたれてた
スケートはまれつき
苦手にがてとまゆひそめて

風邪かぜをひいたよる
さきねむるからと
ロッジの部屋へやにいた

ほそ靴音くつおと
えたあいつのドア
あさまでじたまま

なにわずに荷物にもつまとめて
みずうみをあとにしたのさ

ジャンプしたね ウインター・レイク
あしをくじいて
なみだためていたよ
さざなみのあのあたり
水面みなもかぜくよ

しろくつで ウインター・レイク
ターンしながら
ぼくにうでった
ひかえがいたね
おおきなハートの

しろくつが ウインター・レイク
ターンしながら
ぼくにうでった
ふゆまぼろし