「ビー玉」の歌詞 大知正紘

2011/4/13 リリース
作詞
大知正紘
作曲
大知正紘
文字サイズ
よみがな
hidden
人通ひとどおりのすくないがたみちめながら だれかがっていく足音あしおと
間違まちがったかのよううご時間じかんあさにおいがそっとつつんでく

きみ出会であったあのも こんな肌寒はだざむ季節きせつだったな
ちいさなことをおもして またじたなら

らばってかぶきみ記憶きおくれてみたくてばしたこの
すりけてつかさみしさなんてもういらないから
どうかぼくもどして

んだ電車でんしゃまどそと世界せかい
ながめてるだけなのに 胸締むねしけるこえ

このままどこかとおくへなんて かなわないとわかってたから
わすれたふりしてめたおものぞんだなら

らばってかぶきみ記憶きおくれてみたくてのぞいたほしうみ
いきをすることもわすれるほどに綺麗きれいすぎたんだ
もうそれにはれられないのに

わすれないことを いつもぼくらはすこししかえらべない
そのひとつ このビーだま 心深こころふかしずませながら

改札かいさつけるひとごみのなか まぶしいひかりじたなら

らばってかぶきみ記憶きおくれたがしてこぼれたなみだ
おもことはもうしないだろう
めるようにうごしたぼく足音あしおと