「手」の歌詞 大知正紘

2010/9/8 リリース
作詞
大知正紘
作曲
大知正紘
文字サイズ
よみがな
hidden
なみだ笑顔えがおれるたび ぼくなんだかうれしくなる
きみもそうおもってるかな?
二人ふたりをつなぐこの「」には たくさんのおもいがまってる
いつもそう はなれぬように

言葉ことばにできなくて つたえられなくて
そんな日々ひび ただこの「」でつないでいけるはず

やさしさってひとひとあいだまれるものっていたんだけど
いとしさはきみぼくあいだまれるものでってしい

まちすこ肌寒はだざむい またこの季節きせつがめぐってきた
今日きょうもほら つけたんだ

間違まちがいだらけで遠回とおまわりしても
ぼくらのつなぐこの「」ははなれやしないから

いとしさはきみぼくあいだまれるものっていたんだけど
えない時間じかんせつなさだって 二人ふたりひとつをってまれたの

つよいとこもよわいとこも 全部知ぜんぶしってるわけじゃないから
そばにいたいとおもうんだ

年老としおいたって こえれたって
えなくなったそのとき

ぼくのこの「」は きみのその「」は
二人ふたりひとつにつなぐものだから
こいじゃなくたって あいじゃなくたって
まわまわってまた出会であえるように
一秒いちびょうだってこの「」をはなさぬように