「陽だまり」の歌詞 大野靖之

2007/10/3 リリース
作詞
大野靖之
作曲
大野靖之
文字サイズ
よみがな
hidden
最近少さいきんすこしずつ大人おとなになったとおもところ
こころよりあたまかんがえることがおおくなってきたということ
あたりさわりのない言葉ことばひと会話かいわをして
一体何いったいなにつたわったのだろう

そんなことをくリかえしているうちになんだかこころ呼吸こきゅう
リズムかんをなくしはじめてる

すこしだけまちのペースにわないだけさ
なんとか歩幅ほはばわせようとしてるけど
ぼくがこの戦場せんじょうにいるときだけ
きみあいされているとおもっていいかい?

こころ情熱じょうねつはなびらを
だれかにもがれたって きみきみのままだよ
もうそのいたみをひとりでかかえないで
ずっときみのそばにいるよ ぼく一緒いっしょいてあげる

なにしんじていいのかさえも不安ふあん時代じだい
だれかの不幸ふこうてみぬフリだ
一瞬いっしゅんのうちにあたらしいものがダサくえてしまう
いろあせぬものはどこにある
「あんな大人おとなにはなりたくない」とってた少年しょうねん
今頃いまごろはどんな大人おとなになったんだ
いまわかたちは」とかさけんでる大人おとなたちは
自分じぶん背中せなかってるか

どうして無表情むひょうじょう仮面かめんえらんだのか
ぼくにはわかるまで時間じかんがかかりそう
あたたかいだまりのようなきみこころえないよ
いますぐきしめたいよ・・・

まりにくわしたそのとき
こころのままきみらしくすすめばいい 大丈夫だいじょうぶ
どんなにあいしてもきみにはなれないから
ずっときみのそばにいるよ ぼく一緒いっしょいてあげる

ああ 病気びょうきでもなく べるものもあるのに
孤独こどくよる涙流なみだながしているときもある
こころおもてうら こころひかりかげ
ずっときみのそばにいるよ ぼく一緒いっしょいてあげる
つらときぼくつらいとってよ
ずっときみのそばにいるよ ぼくきみだまりだよ