「もう一度だけ…」の歌詞 大黒摩季

1995/7/19 リリース
作詞
大黒摩季
作曲
大黒摩季
文字サイズ
よみがな
hidden
だれもいない はやつづけたイルミネーション
どんな事情じじょうがあったとしてもめてしかった

あなたはひととしてやさしい
きずつけた あのには
それもあいだとづかずに
真直まっすぐにわたしつめる

もう一度いちどだけ しんじてみるね
そのこころ かなしみにけないように
あなたの味方みかたはきっとわたしだけ
すこたよりないけど

しずかにれるあの夕焼ゆうやけにねがいをこめてみよう

電話でんわするね…。 温泉行おんせんいこうよ…。 約束出来やくそくできないくせして
こりないよね そんなとこがみょうきだったりして

あなたは正直しょうじきだから
ちゃんとかせてくれるの
愚痴ぐちあわれみもおも
そのおもさにてないがする

もう一度いちどだけ 素直すなおになるね
きながらきとった あの歩道歩ほどうあるいてみよう
さみしいよるあきらめようとしたことも
いつかわらえるかな

かすかにえるあの夕焼ゆうやけに明日あしたあずけてみよう

あなたにえたあの偶然ぐうぜん世界せかいでたったひとつ