「例えばそれが愛でもいいと思う」の歌詞 大黒摩季

1998/2/25 リリース
作詞
MAKI OHGURO
作曲
MAKI OHGURO
文字サイズ
よみがな
hidden
ずっとそのゆめあきらめないで
時代じだいよりも 方法論ほうほうろんよりも 自分じぶんしんじて
まれたばかりの みどりえてるよ
孤独こどくだけど一人ひとりじゃない
こころをほどいて 微笑ほほえんで

あめあがりの交差点こうさてん
みずたまりにうつったそられてる

わたしにだってゆめがあるなんて
意地いじってはなれたけれど
たとえばそれがあいでもいいとおも

なにかないできしめられるより
よろこびもかなしみもっていたい
くもながれてく ふたりの季節きせつのように
づいたとき そこがはじまり
いまなら素直すなおえるから

つかれた笑顔えがお えてる煙草たばこ
まわりだけじゃなく わたしにもうそをついてた

自信じしんがないから 言葉ことばえる
つよがりは そう つよさじゃない
どこにげても 自分じぶんからはげられない

いつかわらいながら はなせるとき
遠回とおまわりはまりじゃない きっと たどりける
あか色付いろづいたつぼみがきそうだね
キレイことでも ホントの気持きも
ねぇ 子供こどもころはなしをして

ずっとそのゆめあきらめないで
時代じだいよりも 方法論ほうほうろんよりも 自分じぶんしんじて
まれたばかりの みどりえてるよ
孤独こどくだけど一人ひとりじゃない
こころをほどいて 微笑ほほえんで