「夏が来る、そして…」の歌詞 大黒摩季

2003/5/28 リリース
作詞
Ohguro Maki
作曲
Ohguro Maki
文字サイズ
よみがな
hidden
今年ことしまぶしいなつ
ほのかな期待きたいせて
あれから10ねんったけど
らしも名字みょうじわらずに

仕事しごとけてもさきはない
わかっててもほかどころもない
出会であいをもとめて彷徨さまよえば
友達ともだちばかりがえたけど

いいの

かならずいるの
わたしひと
そのるまでは
あまるこの自由じゆう
たのしむの

ラ~ララ~
ラララララ~
ラ~ またなつ
あきらめた途端とたんながぼしって

すこ地味じみだけど
白馬はくばもないけれど
あたたかくやさしい ほのかなあいをくれるひと

ほろりれて哀愁あいしゅう女王様じょおうさま

バツイチ・バツたりまえ
なんにもないと深読ふかよみされて
もらったブーケは数知かずしれず
はらった御祝儀ごしゅうぎそこれず

おとこはみんなあまえたがり
そのくせ俺色おれいろめたがり
なやくるしんだ20だい
くところ自分じぶん次第しだい

なんてかんがぎずに
気持きもちのままHしたら
ギンギラの情婦じょうふあつか
まだ本気ほんきしてないのに…
そうじゃなくて…

ア~ララ~
ラララララ~
ラ~ ふいになつ
さむふゆえてぞくぞくもどって

裸足はだし王子様おうじさま
ハダカのお嬢様じょうさま
エステのローンはのこってるけど
すべては無駄むだじゃなかったのね

逆転ぎゃくてん勝利しょうりか?! 女王様じょおうさま

ラ~ララ~
ラララララ~
もうすぐなつ
だれもがうらやむようなハッピーエンドがっている

こころえて
人目ひとめわらばして
ここまでねばったんだから本当ほんとうてくれなきゃこま

こいかずだけ

なみだかずだけ

最後さいごわらうのは… ワ・タ・シ!!