「夏が来る」の歌詞 大黒摩季

1994/4/23 リリース
作詞
大黒摩季
作曲
大黒摩季
文字サイズ
よみがな
hidden
近頃ちかごろ まわりがさわがしい
結婚けっこんするとか
しないとか…
社会しゃかい常識じょうしき親類関係しんるいかんけい
心配しんぱいされるほど
意地いじになる
わたしきに
なるぐらいの
おとこには当然とうぜん
ざといだれかいて
見合みあ相手あいて付録ふろく
一瞬いっしゅんグラッとするけど
One More Chance!!
本気ほんきあいしい
なつる きっとなつ
しろうまった
王子様おうじさま
みがきをかけて 今年ことしこそ
妥協だきょうしない アセらない
さみしさにけない
なにりない…
どこがくない…。」
どんなに努力どりょくつづけても
えらばれるのは あぁ結局けっきょく
なに出来できないお嬢様じょうさま
物事ものごといろいろ
ってしまうと
瞬発力しゅんぱつりょく
くなるもので
運命うんめいひとだとおもっても
経験けいけん邪魔じゃまして
素直すなおになれない
価値観かちかん将来しょうらいetc…エトセトラ
はなんだなら
イイ友達ともだちにされそう
あいしてる…
なんて本気ほんきでHしたら
そのから
都合つごうのいい娼婦扱おんなあつか
マジメなだけなのに
なつる いつもなつ
両手広りょうてひろげてっている
としをとるのは
素敵すてきなコトです
イジけない ネタまない
間違まちがってなんかない
こんなわたし可愛かわいやつだと
めてくれるのは
やさしいパパと 親友しんゆうだけ
そういえばママもお嬢様じょうさま

なつる きっとなつ
頑張がんばってるんだから
絶対来ぜったいく
こわがられても
けむたがられても
あきらめない
くやしいじゃない
もうあとにはけない
なにりない…
どこがくない…。」
どんなに努力どりょくつづけても
のこされるのは あぁ結局けっきょく
なんでもってる女王様じょおうさま
それでもなつはきっと
わたしなつは きっと