「忘れてしまいたいのに」の歌詞 大黒摩季

1998/9/9 リリース
作詞
MAKI OHGURO
作曲
MAKI OHGURO
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもの笑顔えがお
あなたにかれても
どこかでこころふるえている
とおくで彷徨さまよ

たった 一度いちどちいさな あやまちが
あなたをせつなく やさしく目覚めざめさせて
くれたけれど

どうしてしんじられない
こんなにあいされているのに
あなたのいたみごと
わすれてしまいたいのに

言葉ことば不安ふあんならば
ぬくもりをしんじればいい
あたらしいよろこびでたせばいい
そうおもえたけど

きっと あなたを 孤独こどくにしていたのに
きずついたおもせつけては自分じぶん
かばってただけ

あなたのそばにいたい
あなたなしじゃきてはけない
くことしか出来できない
ここにわたし真実しんじつ

どうしてしんじられない
こんなにあいされているのに
あなたのいたみごと
わすれてしまいたいのに

わすれてしまいたいのに