1. 栄光の金バッチ歌詞

「栄光の金バッチ」の歌詞 大黒摩季

2008/1/30 リリース
作詞
大黒摩季
作曲
大黒摩季
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたに出会であうまで あいるまで
なんとなくきていたわたしだけれど
いつしかさきひかりが
なにひとほこれるものがしくなったよ

もらったゆめではなく
ひろった希望きぼうでもなく
このさぐてた終着しゅうちゃく未来みらい

あなたに尊敬そんけいされるような
かたをしたくなったよ

栄光えいこうきんバッチ
るぎないこころ
あきらめずげたひと
神様かみさまからのおくもの

栄光えいこうきんバッチ
かがやかしい自信じしん
いつのれて
あなたをらしたい

あいするすべてまもれるような
つよさがしくなったよ

きたい場所ばしょもなく たびれば
わけもなくまようことも仕方しかたがないさ
やるせないニュースや世情せじょう 萎縮いしゅくしたまま
ふいに箱舟はこぶねさえもろうとしなかった

けわしい坂道さかみちはげしいどしゃぶりも
どんなみちあるいてもりかかる試練しれんなら

あなたを感動かんどうさせるような
かたをしたくなったよ

栄光えいこうきんバッチ
ユートピアヘの地図ちず
明日あすしんじて あゆつづけたひと
神様かみさまからのおくもの

栄光えいこうきんバッチ
永遠えいえんえる
このむねやさずに
あたためてあげたい

あなたのかなしみかすような
言葉ことばしくなったよ

栄光えいこうきんバッチ
るぎないこころ
あきらめずげたひと
神様かみさまからのおくもの
栄光えいこうきんバッチ
かがやかしい自信じしん
いつのれて
あなたをらしたい

あいするすべてまもれるような
つよさがしくなったよ

あなたに尊敬そんけいされるような
かたをしたくなったよ