「永遠の光り」の歌詞 大黒摩季

1999/8/4 リリース
作詞
大黒摩季
作曲
大黒摩季
文字サイズ
よみがな
hidden
エメラルドグリーンのかぜ かみをすりけて
あなたとはなれてらすさびしさ すこしだけれたみたい

つめてるゆめ素敵すてき えば遠離とおざかまぼろし
ひときになれば おなじようにおもうほどれる陽炎かげろう
わかれはまた出合であうためのプロセス
からっぽならしてけばいい あたらしいわたし

明日あすかぜゆめいま がる
自由じゆう地図ちずそらえがいて どこまでもたかんで
あなたに出会であえた あざやかな一瞬いっしゅん
あきらめかけたこころ らしてくれる 永遠えいえんひか
わりたい でもわらない

すべてをめてしまうけど きっとどこかに
まもっておきたい なにかがあったとおも

本当ほんとう自分じぶんため頑張がんばっていたはずなのに
いつのにか 見返みかえりを期待きたいして くべきみち 見失みうしなったり
きてる意味いみなんて さがさなくていい
ためきているんだ

自然しぜんでいいんだ 未来みらいほしながよるかがや
きずつきながら めながら きっと満天まんてん銀河ぎんがになる
わたしをつけた 朝焼あさやけのいろ
ふか孤独こどく勇気ゆうきえてくれた 運命うんめいのプリズム

明日あすかぜよろこびもはこんで
いつかかならいたんだ日々ひびゆめへとつなぐにじになる
あなたに出会であえた あざやかな一瞬いっしゅん
あきらめかけたこころ らしてくれた 永遠えいえんひか
きらめかせて あるいてく