「潮騒」の歌詞 大黒摩季

2003/6/25 リリース
作詞
Maki Oguro
作曲
Maki Oguro
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたがずっときだった
Ash Green のふかうみ
こうして一人ひとり かえるのも
今日きょうでおしまい
最後さいごのさよなら

出会であったころ
さびしそうで ものいたげな
不器用ぶきようあいづいて』
いつもそうってたのに
見落みおとしたままごした
ひとりぼっちの Birthday

こいしくてえなくて
戸惑とまどいながらぶつかりながら
れるほどの Kiss でたしかめた
せてはかえ
なみのように
はじけるあわのように
かぜたわむれたなつ
足早あしばやぎたプロローグ

ちいさなTVとしゃれたラックぐらいの
なにもない部屋へや うめるよろこ
そろいのブラシ
色違いろちがいの Mug
何度なんどかくされても
りずにならべた

合鍵あいかぎひとつわたされただけでなにもかも
ゆだねてくれてるとおもってた
こころとびらける Master Key
ちらつかせながら
れさせてはくれなかったね

いかけても きしめても
つかみきれないまぼろしのようで
あなたの温度おんどだけでもかんじたくて
めてはきずつけて
かえ感情かんじょうつよさで
あいはかったなつ
潮騒しおさいばかりいていた

える夕陽ゆうひ つつ夕闇ゆうやみ
あいもろさをったわけじゃなく
本当ほんとうのぞみをってしまっただけ

ときぎてもわすれられなくて
このうみにすべてめてくわ
なつおものように
潮騒しおさいかぜかえして