「真夜中のホイッスル」の歌詞 大黒摩季

2002/12/11 リリース
作詞
大黒摩季
作曲
大黒摩季
文字サイズ
よみがな
hidden
Sha~LaLa~

きみこいをしてる
いまだれかのものでも
友達ともだちだとしても

Sha~LaLa~

いつのきになる
きみまもるのはぼくだと
づくその

「きっとあなたにうハズよ、
金曜きんようはあけておいてね!」

的外まとはずれの気遣きづかいはやさしさとはばない

アイツといるとききみ
無理むり大人おとなかおしてSensitive
一緒いっしょにいてあげたいけれど

いぬほどタフじゃない

Sha~LaLa~

つよがったりしないで
Oh~ 真夜中まよなかのホイッスルは
唯一ゆいいつの Go Sign

Sha~LaLa~

きみがこぼすかなしみは
フラれたぼくのこされた
最後さいごのテリトリー

Jack-Knifeのブレスおぼえてる?
うみかえりにれたやつだよ
自分じぶんてることはないさ
目印めじるしいてけばいい

ずかしくてつい
あやまってしまった星空ほしぞらのKissは
本気ほんきだった うばいたかった
つらいコトバわせるまえ
めたかった

Sha~LaLa~

ありのままのきみでいい
わがままをけとめるのも
大事だいじなカリキュラム

Sha~LaLa~

時間じかんにしないで
こころいやすその笑顔えがお
だれにもわたさない

Sha~LaLa~

きみこいをしてる
いまだれかのものでも
友達ともだちだとしても

Sha~LaLa~

いつのきになる
きみまもるのはぼくだと
づくその

Sha~LaLa~

きみこいをしてる
いまだれかのものでも
友達ともだちだとしても