1. 赤い糸歌詞

「赤い糸」の歌詞 大黒摩季

2002/12/11 リリース
作詞
大黒摩季
作曲
大黒摩季
文字サイズ
よみがな
hidden
なんでもないよる
別々べつべつ星空ほしぞらした
ぼくらをつなぐあかいと
ぷつっとれた

片側かたがわだけを
みじかくなってしまったそのいと
たぐりせても
きみのVIBEはもうかんじない

かたなんてどうにでもできるとおもったんだ
こいべんれてらすのもわるくない気持きもちでいたんだ
どうしたいかなんていやなことのなかえるんだ
消去法しょうきょほうでしか自分じぶんのことれないぼくらの遠回とおまわ

すべてはわけ

こいしたあのみせ
最後さいごったその瞬間しゅんかん
あいへとめたかたいと
つめたくひびいた
あらためてると
すっかりこころ色褪いろあせて
ほそもろくなって
時間じかんのPRESSUREにてそうにない

無邪気むじゃき仕草しぐさ吐息といききみはなつすべてを
敏感びんかん受信じゅしんするぼくのパラボラアンテナはいつだって
真実しんじつ狂言きょうげんなにもかも録画ろくがしていながら
都合つごう映像えいぞうだけをながつづけていたんだ

半端はんぱ

きみのぞみをかなえきれなかったよわさを
まもれもしない約束やくそくしたおさなさをゆるして
きみのすべてをめてくれる本物ほんものあい
運命うんめいのように出会であって
はやくこんなぼくわすれて

ナミダで見送みおくりながら
どこかでほっとしてるやつがいる

アイシテイタヨ ズット ズット ズット…

ぼくてるこころかぎ

なんでもないよる
別々べつべつ星空ほしぞらした
ぼくらをつなぐあかいと
ぷつっとれた

片側かたがわだけを
みじかくなってしまったそのいと
たぐりせても
きみのVIBEはもうかんじない