「京都でひとり」の歌詞 天地真理

1975/4/1 リリース
作詞
山上路夫
作曲
川口真
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたになにわず京都きょうとへときました
しずかに二人ふたりあいかんがえたいのです
人影ひとかげのたえたおてらひとりでめぐったら
きゅうあつなみだながれてました
こんなことははじめて
あいすることはいつもつらいことあるけれど
あなたときるならばこたえてゆけそうです

今朝けさほどはや汽車きしゃ京都きょうとへときました
わたしあいつよさたしかめたいのです
うつくしいにわてもあなたをおもいます
なにをしているのか心配しんぱいなのです
こんなわたしはじめて
あいするときにいつもだれでもまようけれど
あなたのもとへわたし明日あすかえります

かわぞいをかたならべあなたとあるきたい
ひとりたびわたし後悔こうかいしてます
こんなおもいはじめて
あいするときにいつもだれでもまようけれど
あなたのもとへわたし明日あすかえります