「夢ほのぼの」の歌詞 天地真理

1976/12/5 リリース
作詞
橋本淳
作曲
小林亜星
文字サイズ
よみがな
hidden
坂道さかみちのぼればアパートのあかりが
木枯こがらしにふるえてさびしくゆれていた
しあわせをねだることさえ
らないわたしかなしくて
ひとりよるならないで

なかのいいあのおんな同志どうしはなした
恋人こいびと出来できたらわかれてらそうねと
ひざを湯上ゆあがりのまま
かみをとくあのがまぶしい
あなたの面影おもかげがちらちら

花模様はなもよう寝間着ねまき似合にあわない年頃としごろ
真夜中まよなか目覚めざめてこころ風邪かぜひいたわ
故郷ふるさとかえるつもりも
今更いまさらわたしはないけれど
ひとりよるならないで