1. 木枯らしの舗道歌詞

「木枯らしの舗道」の歌詞 天地真理

1974/12/10 リリース
作詞
山上路夫
作曲
森田公一
文字サイズ
よみがな
hidden
まち舗道ほどう木枯こがらしふきぬける
さよならをいましょう つぎかど
いつか月日つきひながれていったなら
すばらしい青春せいしゅんおもうでしょう
やまのぼりさかなつり
いろんなことを おしえてくれたあなた
そんなことするだけで 幸福しあわせだった
かえらないあのころが とてもいとしい

それがくせなの をあげくあなた
だけどもうえないの 明日あすからは
ここのまちとも しばらくおわかれね
かないで あるくことできないから
土曜日どようびうたびに
わたしにギター おしえてくれたあなた
しばらくは けないわ ギターもきっと
かえらないあのころおもすから

あなたと夜更よふけまで
かたったことをわすれてないわ いま
そんなことするだけで 幸福しあわせだった
かえらないあのころが とてもいとしい