「牧場の乙女」の歌詞 天地真理

1973/9/1 リリース
作詞
山上路夫
作曲
森田公一
文字サイズ
よみがな
hidden
牧場まきばあさぎり きれいにれて
朝日あさひかがやひつじのむれに
今日きょうも まどをけひとり
あおぐあのみねのかなた
みわたる あき青空あおぞら
もうじきゆきが あのみね
ここの牧場ぼくじょうふゆがくるのよ
だんろをかこむときがきたら
あい詩集ししゅうを つづりましょう

牧場まきばわたしは はなれたくない
いつかはあいするひとができても
ここでくらしたい二人ふたり
あいうつくしくそだ
きているよろこうた
もうじきゆきが あのみねこえ
ここの牧場ぼくじょうに ふりつもるでしょう
だんろをかこ毛糸けいとんで
またくるはる一人ひとりつの