1. 樹歌詞

「樹」の歌詞 天童よしみ

2010/1/20 リリース
作詞
松井五郎
作曲
平尾昌晃
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめはだれもろたね
るまでは ひともない
時雨しぐれたれ かれ
ゆめのひとふし どこまでびる
いのちは どれも不揃ふぞろいで
だから まれた意味いみがある
ひかりつむをつけて
そらあおいで 花咲はなさかせ
たったひとつの るような
たったひとつの になろう
わたしがわたしで いられるように
たったひとつの になろう

いつかはふねに なるもいい
屋根やねささえる はしらでもいい
たとえばまきに なったなら
ひとをぬくめて やれるじゃないか
こころに ふれるこころには
けっして えないものがある
とりつばさえだ
かぜこたえて をはれる
たったひとつの がなるような
たったひとつの になろう
あなたがあなたで いられるように
たったひとつの になろう

みちにはきっとてがある
だけどそらにはきりがない
ひかりつむをつけて
そらあおいで 花咲はなさかせ
たったひとつの がなるような
たったひとつの になろう
わたしがわたしで いられるように
たったひとつの になろう
になろう