「ライオン」の歌詞 天野月子

2002/12/4 リリース
作詞
天野月子
作曲
天野月子
文字サイズ
よみがな
hidden
やさしい陽射ひざやわらかなとりこえ
からっぽになる あなたのあいした間取まど
がれちたペンキのこまかなくず
ふたつったみのついたさら

馴染なじんだそのすべてのあそ道具どうぐ
かたしばふたをした
ひろよみがえ部屋へや
うそみたいにあかるい

ライオン
きつくなったおりからていくふたり
ずっとおなじようにわらっているだろうか

ふる写真しゃしん いまよりわたしはほそ
かおしわ目蓋まぶたあつさもちが
あなたのほうこしとどくようなかみ
琥珀色こはくいろのたてがみにえた

するどいその視線しせんうらひそ
孤独こどく日々ひびいとなみを
わたしという絵具えのぐ
つぶせるとおもった

ライオン
きつくなったおりからていくふたり
またてるひとさがしてしまうだろうか

ライオン
きつくなったおりからていくふたり
もう何処どこてもわたしをさがさないで
ライオン
きつくなったおりからあなたをはなそう
ずっとおなじようにわらっているだろうか