「博士と孔雀」の歌詞 天野月子

2005/9/21 リリース
作詞
天野月子
作曲
天野月子
文字サイズ
よみがな
hidden
軒先のきさき小屋こやまう ピーコックは博士はかせ
たしなみをととのえては 夢見ゆめみがちにchirping song

あのひとにアクセスするパスワードがからないの
ふるぼけた機械きかいまえ 首傾くびかしげた

なビーカー
放置ほうちされてる液体えきたいとマドラー
くもった湯気ゆげれてる
沸騰点ふっとうてん恋心こいごころ

どうか見捨みすてないでよ
もっとちかくにばしてよ
あいするヒト」にはなれないけど
きみにずっとれていたいよ
そのくちにキスしたいよ
とがくちばし 地面突じめんつつき ダダをねてる

軒先のきさき小屋こやまう ピーコックは博士はかせ
虹色にじいろはねひろ今日きょうもハミング

黄色きいろくなった白衣はくい
かすかに白髪混しらがまじりのかみ
時折吐ときおりつ溜息ためいき
どんなひととどけたいの?

その眉間みけんしわ
微風そよかぜはこびたいよ
あいするヒト」にはなれないから
きみんでみたいよ
最後さいごまでていたいよ
にじつばさちくたびれ まだらにける

ひとりのよるあめ午後ごご
そっとあたためる暖炉だんろのように
しずかにって 見守みまもるから
じたとびらけてしい

どうか見捨みすてないでよ
もっとちかくにばしてよ
あいするヒト」にはなれないけど
きみにずっとれていたいよ
そのくちにキスしたいよ
とがくちばし 地面突じめんつつき ダダをねてる