1. 日曜日歌詞

「日曜日」の歌詞 天野月子

2002/12/4 リリース
作詞
天野月子
作曲
天野月子
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたをせたバスがえる
カーブでらすただいまの合図あいず
雨上あめあがり オレンジのくもしたたりおちるしずくの波紋はもん

あなたをせたバスがまる
ひびれるマフラーをてる
耳慣みみなれた革靴かわぐつのリズム 目隠めかくししてもあなたとかる

悪戯いたずら会話かいわ
かさなりあう影法師かげぼうし
このまま このまま 路地裏ろじうら迷子まいごになってかえれなくていいよ
パジャマのような上下じょうげがれ途中とちゅうつめ
わりえのないあなたといる畦道あぜみち

今日きょうはどこかで食事しょくじをしよう」
あかるい場所ばしょ苦手にがてなあなたは
洞穴どうくつのようなみせこのんでいる
ジャズピアノと白熱灯はくねつとう

悪戯いたずら会話かいわ
かさなりあう影法師かげぼうし
このまま このまま 路地裏ろじうら迷子まいごになってかえれなくていいよ
きつくめた時計とけいかばんかくして
深呼吸しんこきゅうひとつ つられてあくびをする

退屈たいくつ毎日まいにちつづ点滅てんめつする踏切ふみきり
道草みちくさしながらあるく あなたとはぐれても
退屈たいくつ毎日まいにちつづ混雑こんざつするエレベーターも
道草みちくさしながらあるく たからものさがしに

悪戯いたずら会話かいわ
かさなりあう影法師かげぼうし
このまま このまま 路地裏ろじうら迷子まいごになってかえれなくていいよ
パジャマのような上下じょうげがれ途中とちゅうつめ
わりえのないあなたといる畦道あぜみち

あなたをせるバスがえる
バスがえる
バスがえる