1. 時計台の鐘歌詞

「時計台の鐘」の歌詞 天野月子

2002/12/4 リリース
作詞
天野月子
作曲
天野月子
文字サイズ
よみがな
hidden
まってしまえ時計台とけいだい 八時はちじげるあいだ
約束過やくそくすぎて溜息ためいき あなたのかおがもうえそう

まってしまえ時計台とけいだい 改札抜かいさつぬけるときまで
予約よやくれたディナーも 台無だいなしになってキャンセルはいや

あなたがまだっていますように
列車れっしゃられながらわたしもれてた
のがれなんてタブーだわ ったらなんおう
献血けんけつしてましたの」

洗濯物せんたくものからんで 列車れっしゃ途中停止とちゅうていしした
ここからあるいてって うのならりていくのに

あなたがまだっていますように
列車れっしゃられながらわたしもれてた
まどそとかすかに時計台とけいだいかね
みみおくざわめく

指切ゆびきわした小指こゆびほねきし
まり 微熱びねつ宿やどしたまま
あなたのゆびゆるんでほどけていく
しずかに そのとして

まってしまえ時計台とけいだい 八時はちじげるあいだ
約束過やくそくすぎて溜息ためいき あなたのこえが もう こえる

あなたがまだっていますように
列車れっしゃられながらわたしもれてた
のがれなんてタブーだわ ったらなんおう
献血けんけつしてましたの」

あなたがまだっていますように
列車れっしゃられながらわたしもれてた
まどそとかすかに時計台とけいだいかね
みみおくざわめく