1. 翡翠(A Moon Child type)歌詞

「翡翠(A Moon Child type)」の歌詞 天野月子

2005/9/21 リリース
作詞
天野月子
作曲
天野月子
文字サイズ
よみがな
hidden
きしおとかなでにれず
距離きょりつくるわたしをゆるさないでいい
あなたのやりかたでいい

ふくがる上辺うわべだけのうそ
ほこかばうあなたとかっている
いまはそのままで悪戯いたずらきて

なにほうむにして のこせる
わたしのうでがもうすこしだけなが
すべてをつつめたなら
不安ふあんあせりをしこりを
魔法まほうけてあげること出来でき

とおくへあたらしくひらいたとびら
あなたはていく まばゆ季節ときなか

るぎのないまっすぐな視線しせん
獲物えものするどいあなたの姿すがた
わたしは目指めざしていかけたけれど

えだわかれた旅路たびじこうで
しずんだこころ つくろいながらわら
あなたのせたほほ
戸惑とまどひとみらしていてく
あきらめてしまったのは わたしだった

いくつの出会であいを さよならでえるのだろう
ちいさくうなずく わたしはただ無力むりょく

とおくへあたらしくひらいたとびら
わかれのいたみを かがや宝石ほうせきへとえて
ふたりがかさねた日々ひびくさないでいて
あなたがえてく まばゆ季節ときなか

軌跡きせきえがくために