「聲」の歌詞 零~刺青の聲~ ED 天野月子

2005/9/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
たとえばうみそこで あなたがきてるのなら
わたしは二本にほんあしって
さかなになろう

ふかみへちるほどに あなたがちかづくのなら
てないやみ彷徨さまよかげになってもいい

あでやかにただようわたしの陽炎かげろう
かなわない現実ひびおぼれていただけ
あなたはいない
わかっている
わかっている

のぼのぼ太陽たいよう
わたしの場所ばしょ浄化じょうかする
あおきざ刻印こくいん
ぬるぬるかぜがさらっていく

たとえばこの言葉ことばが あなたにとどくのならば
わたしの声帯せいたいげて
ててもいい

あざやかなきずくした現在いま
なにもかもうばうあなたの温度おんど
もとめていた
もとめていた
まぼろしでも

えるえるぬくもりが
わたしの場所ばしょれていく
ばつぬぐうそのうで
かれながらねむりにつきたい

のぼのぼ太陽たいよう
わたしの場所ばしょ浄化じょうかする
ばつぬぐうそのうで
かれながらねむりたい
えるえるぬくもりが
わたしの場所ばしょれていく
あおきざ刻印こくいん
ぬるぬるかぜがさらっていく

むしばんでいく 記憶きおく破片はへん わたしをふさぐピアスがりない
わすれてしまう ぼやけてしまう あなたのこえ雑踏ざっとうえる
むしばんでいく ちていく わたしをふさぐピアスがりない
跡形あとかたもなく わすれてしまう あなたのこえ雑踏ざっとうになる