1. 花冠歌詞

「花冠」の歌詞 天野月子

2005/9/21 リリース
作詞
天野月子
作曲
天野月子
文字サイズ
よみがな
hidden
ふね
憂愁ゆうしゅう調しらべをきながら
やぶくすものこころらず

しずまりかえ広大こうだい大地だいちきざ
かなしい爪痕つめあとが このむねみる

ちぎれたくろくも祝福しゅくふく賛美さんび
たたかいをえたとりでさらされてゆく
ながれるしろすなうずもれてくからだ
はなちて殺伐さつばつとする無人むじん城砦じょうさい

あのわたしがほか選択肢せんたくしてて
きみえらんだら わったというの?

ただしいのは 自分じぶんほうだと つよしんじてた
かたつなったを すべてくすまで

はずすこのあしゆるえないなら
なんため もんひらいて まねれるの
ながれるしろすなうずもれてくはな
しゅくした 荒廃こうはいうみしず城砦じょうさい

このむねいた 一輪いちりんはな
おともなくくずさけげている
あたたかく れている きみ面影おもかげ
このわたしを もどす ベルにならない

いとしいひと
せめて わたしをとき
瞳開ひとみあけて ほろびゆく瞬間しゅんかんまで 看取みとって

ちぎれたくろくも祝福しゅくふく賛美さんび
たたかいをえたとりでさらされていく
いとしいひときみ出会であえたよろこびに
花咲はなさかせた おだやかなわたしはもう いない