「蝶」の歌詞 零~紅い蝶~ ED 天野月子

2004/1/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
地下ちかもぐあなつづけた
どこにつづあなかはらずに
つちれたスコープを片手かたて
きみうでさがしていた

つぎはぎのしあわせをあつきながら
きみつよさにつぶされてた

けつき
けつき
がれないてのひらあと
ちぎれたつばさあかまる雲間くもまいて
上手じょうずばたくわたしをつけて

まゆもりえがいた永遠えいえん
どこに芽吹めぶ花開はなひらくのだろう
あさはやがて闇夜やみよもど
わたしのうばってゆく

月灯つきあか
手探てさぐりでかさもつれては
きみ在処ありかになれるとしんじた



もどらない約束やくそく場所ばしょ
ちぎれたいたみでくろまる大地だいちけて
上手じょうずばたくわたしをつけて

さけんでもこえぬなら
そのこわしてほしい
まだわたしを「わたし」とべるうちに
めるきみうでおだやかなちりわる
ただしずかに
そらあおいだ

けつき
けつき
がれないてのひらあと
ちぎれたつばさあかまる雲間くもまいて


もどらない約束やくそく場所ばしょ
上手じょうずばたくわたしつけて