1. 銀猫歌詞

「銀猫」の歌詞 天野月子

2002/12/4 リリース
作詞
天野月子
作曲
天野月子
文字サイズ
よみがな
hidden
らさずていてよ
わたしの写真しゃしんはいになるまで
のどけてかすれるまで
シャッターってなせて

氷張こおりばりのいえ
くすぶ暖炉だんろ いきいた
まだえない かすかにおとてる

なにやそう カーテンもはな跡形あとかたもない
えた四肢ししかさねてせるだけじゃりない

らさずていてよ
わたしの写真しゃしんはいになるまで
過去かこいまをゼロにもどし わたしをわたしでほうむ
あなたをあたためて ほこりまみれた銀色ぎんいろねこ
のどけてかすれるまで
シャッターってなせて

あなたのうつしたわたしは しろくはにかんでる
まだ何色なにいろへとまるのかさえらず

ほのおなか よじれるかおかんできえる
くぼちた記憶きおく言葉ことば ほうげては

らさずていてよ
わたしの写真しゃしんはいになるまで
いたあなふさぐように わたしはダイヤをほうむ
あなたをあたためて ほこりまみれた銀色ぎんいろねこ
身体中からだじゅうきざみつけた 刻印こくいんごとあいして

すべてやそう あなたのほほらせるように
のぼった けむりすすにしみても

らさずていてよ
わたしの写真しゃしんはいになるまで
過去かこいまをゼロにもどし わたしをわたしでほうむ
あなたをあたためて ほこりまみれた銀色ぎんいろねこ
のどけてかすれるまで
シャッターってなせて