「龍」の歌詞 天野月子

2004/1/21 リリース
作詞
天野月子
作曲
天野月子
文字サイズ
よみがな
hidden
じて
たくないものなどなくていいから
かせてこころとした

じて
するどくなるからだ両脚りょうあし
この馴染なじ武器ぶきあつめた

しあわせというのパズルの絵柄えがら
あなたのかたうしなってくずちた

わすれてしまえと
わすれてしまえと
いくおもいをせても
りゆく流星りゅうせいつらぬいてねがたせぬ
海底うなぞこしず真珠しんじゅになれずに
がるこのおもいは
つまづ足下あしもとただよって
きらきらひかる

のぼ
幾千いくせんなみだいたみをらずに
わたしははいうみおよいだ

宿命しゅくめいしずかにふわりとちかづき
あなたはひとりきてそらえた

くだきなさい
みなさいと
何度口なんどくちふさいでも
くちびる ただれてとおらずもどつづけた
いかづちとし雨雲あまくもいて
あなたのもとはこんで
つまづ現実げんじつ彷徨さまよって足掻あがいてた

りゅうもど大地だいちいざな罅割ひびわれたわたしをもともど
りゅういにしえいずみいざなれたわたしのまぶたもどして
りゅうもど大地だいちいざな罅割ひびわれたわたしをもともど
りゅういにしえいずみいざなれたわたしのまぶたもどして

ませ
わたしのけもの