「九月の雨」の歌詞 太田裕美

1977/9/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
くるまの ワイパー
かして てた
都会とかいに うず
イリュミネーション
くちびる みしめ
タクシーの なか
あなたの 住所じゅうしょ
ポツリと げた
September rain rain
九月くがつあめつめたくて
September rain rain
おもにさえみている
あいはこんなにつらいものなら
わたしひとりで
きてゆけない
September rain
九月くがつあめつめたくて

ガラスを
公園通こうえんどお
あなたと すわった
椅子いすれてる
さっきの 電話でんわ
あなたの かた
ちかくで わらった
ひとだれなの?
September rain rain
九月くがつあめしずけさが
September rain rain
かみのしずくをふるわせる
あいがこんなにかなしいのなら
あなたのうで
たどりつけない
September rain
九月くがつあめしずけさが
季節きせつせない
こころがあれば
ひとってどんなに
倖福しあわせかしら
ライトに かんで
ながれる かさ
あの二人ふたり
える もした
September rain rain
九月くがつあめやさしくて
September rain rain
なみだあらながすのね
あい昨日きのうしてくなら
私明日わたしあしたあるいてくだけ
September rain
九月くがつあめつめたくて
September rain
九月くがつあめやさしくて