「射手座の月の衣に」の歌詞 奥井雅美

2006/10/4 リリース
作詞
奥井雅美
作曲
崎谷健次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
けたアスファルトは おそなつ てているよう
街中まちじゅうざわめいて のぼ熱気ねっきなにもかもかさなり

さきいそきみ背中せなか ぼやけてえそうになる

まだあおんだそら
とおしろつき"だいじょうぶ"とつたえる
太陽たいようとおくからにらみつけていても
このこえしんじたい

えないモノは やくたない だれってたけど
こころかび不安ふあん現実げんじつ顕現けんげんされてしまう

しあわせをのぞねがい それよりも力強ちからづよ

今日きょうというこの時間とき
えがいてしまってるはかなしあわせなら
もうすこくわ二人ふたりおな未来みらい
ある仕上しあげよう

ねぇうのかな…
一度いちどえがいたラストシーン かなしいシナリオ
やぶてることも出来できないとしたなら?

茜色あかねいろ まるそら
かたむつきいま"だいじょうぶ"とつたえる
太陽たいようこいをした女神めがみつつまれた
このこえしんじたい

この素顔すがお、このなみだわたしのすべていま
両手りょうてひろげながら
めてきしめるきみ輪郭りんかくだけ
絵具えのぐにじんで