1. A confession of TOKIO歌詞

「A confession of TOKIO」の歌詞 奥井雅美

2005/5/11 リリース
作詞
奥井雅美
作曲
上杉洋史
文字サイズ
よみがな
hidden
どこにでもあるわらばなしで…わらせたい
わかさとえばたったそれだけ…わるけれど
なにもかもが自分じぶんうでなか
ちきれないほどにあふれて
永遠えいえんにこのひかり うしなわずにつづくとおもってた

まくいまろされていく現実げんじつ
あなたは笑顔えがお拍手はくしゅおくった客席きゃくせき
もうすこしやさしくすればサヨナラの
喝采かっさいびることなど
Never you can say me
とおゆめ

わがままだって着飾きかざふくのひとつだった
どんなときでもなにがあってもだれかのせい
自分じぶんあやまちだけわすれたりをしてきてたものね」
友達ともだちささやいた まぼろしひかりえなかった

まくいまりきった舞台ぶたいうえ
わたし懺悔ざんげかみにも、すべてにひざまず
あとすこしこのおろかなこころきよめるのがはやかったら
Nobody can stop my dreams
もろゆめ

あかつき見上みあげたまち、ビルの挟間はさま
たしかにあいされかみにも、すべてに見守みまもられ
ありがとう…大切たいせつ未来ゆめをとてんこころひらいていた
あのときのすべて もどそう