「Lunatic Summer」の歌詞 奥井雅美

2006/10/4 リリース
作詞
奥井雅美
作曲
奥井雅美
文字サイズ
よみがな
hidden
あおつきよる 人魚にんぎょ出逢であった
波打なみうぎわではしゃぐ
笑顔えがおくれたきみ 名前なまえらない
きっと それでよかった

だって二人ふたり って Kissをしたなみをまかせ
くちにした禁断きんだん果実かじつ いま あわのよう…えるかな

魔法まほうにかかったみじかなつ 太陽たいようのこあま微熱びねつのせい
めてるココロの部屋へやだれかく
ほんのすここいした

朝陽あさひらした人魚にんぎょ横顔よこがお
透明とうめいうみしずく
ゆめからめてもどこからたのか?
なにもきけないまま

そのひとみ とおくをつめ サヨナラのタイミングさがしている
「これ以上いじょう 二人ふたりとききざんだらもどれない」

魔法まほうにかかったみじかなつ 太陽たいようがくれたあま予感よかんさえ
づかないほど刹那せつなこい
一人ひとりになるのがこわかった

そうきみ人魚にんぎょではなく 二人ふたりたしかにこいちた
でもぼくめる勇気ゆうきまだてなくて えらべなくて…

魔法まほうにかかったみじかなつ 太陽たいようらすはにかんだ笑顔えがお
なつ恋人こいびと蜃気楼しんきろう一緒いっしょえた
このあわのように